シーソング石窟の慰霊碑に刻まれた鎮魂歌

私は支える波であり、私は導く風である

私は夜の星であり、私は朝の空である

私は海で生を受け、そして、海で死に向かう

これは、シーソング石窟の慰霊碑に刻まれたリムサ・ロミンサに伝わる詩

自身は自覚がなくとも、星降る夜の海はいつも誰かの心を支えていて

仮に海に戻ったとしても、誰かがきっとその帰りを待っている

遠く離れていても心はいつもそばにあるから

今は安心して眠ったらいい

少し眠ったら、また帰っておいで

いつでもぼくはここにいるよ

Thank you for reading. See you !