~ May your Eorzean days be filled with happiness ! ~

【冒険の紀行録】SS扉絵で振り返る “つよくてニューゲーム” の思い出「紅蓮のリベレーター」編

I found a wonderful treasure today.
今日はこんな素敵な宝物を見つけたよ!

これは、つよくてニューゲームで「紅蓮のリベレーター」編を旅した記録を “SS扉絵” で振り返るものです。

※ 注意

ストーリーを振り返るのでネタバレ要素があります。「紅蓮のリベレーター」編をクリアしてない人は見ないほうがいいかもしれません!

Norirow Note の冒険録より
norirow
norirow

とうとう紅蓮編まで来たねぇ

やっぱりじっくり回ってると一か月くらいはかかるよね

namingway
namingway

▼ これまでの冒険の紀行録

ノリロゥさんの服がだんだんボロボロになっていくのが面白いよね

namingway
namingway
norirow
norirow

うっ💦

それではさっそく、SS扉絵で紅蓮編を振り返っていきます。

ギラバニア辺境地帯

まずはギラバニア辺境地帯から始まるのですが、紅葉がとっても綺麗で驚きます。

グリダニアの森と比べてけっこう明るいイメージだよね

namingway
namingway

ギラバニア山岳地帯

次に隣接したギラバニア山岳地帯を訪れることになります。今まで知らなかったのですが、丘の上にひっそりとベンチがありました。誰かが置いてくれたのでしょうか。

ここは砂交じりの乾いた空気の中で、時々晴れた時にとっても透き通った空になるのが綺麗な場所。

norirow
norirow

赤のジグラートにいるキキルンたち可愛くて好きだからいつも会いに行くんだよね、こんな服着たいな♪

ゼノス・イェー・ガルヴァス

けっこう序盤から重たい雰囲気で始まる紅蓮編ですが、ゼノスの登場でとどめを刺されるアラミゴの物語。

ガレマール帝国の鎧のデザインって、やっぱりなんだか変だよね

namingway
namingway
norirow
norirow

えっ、そこ!?💦

そして、アラミゴから注意を逸らすために東方に向かうノリロゥ・ノートさんと愉快な仲間たち。

漂流海域 セイレーン海

しかし、まさか航海の途中で幽霊船に出逢うとは……

クガネ

オバケに襲われながらも、なんとかクガネに到着したノリロゥ・ノートとネミングウェイ。

クガネに来て、やっと紅蓮編だっていう気分になるよね

namingway
namingway
norirow
norirow

それにしても、クガネはホント色鮮やかで綺麗な街だよねぇ

アリゼーが「色が溢れ出して、洪水を起こしているみたい。」と言っていたののがとても印象的でした。

紅玉海

クガネに隣接する紅玉海は、エオルゼアの海とは違って不思議と和の香りがする景観。松のような木があるからでしょうか。

ここで海賊衆たちと出会います。

norirow
norirow

海賊王におれはなる!

…………

namingway
namingway

スサノオ討滅戦

そして、紅蓮編初の蛮神戦となるスサノオさん。

norirow
norirow

さすがに一人では倒せなかったよ💦

ヤンサ

続いて、ドマを目指してヤンサの地に入ります。

なんだか湯煙り温泉地みたいだよね

namingway
namingway

時折とても可愛らしい表情を見せてくれるユウギリさん。

norirow
norirow

ユウギリさんはとてもキレイ!

アジムステップ

次に、ヒエンを探しにアジムステップへ。

すごく広大で爽やかな土地だったよね

namingway
namingway

ここでサドゥさんと出会います。

norirow
norirow

サドゥさん見てるとなんだか「もののけ姫」思い出すんだよね『生きろ…そなたは美しい』

伝統試練 バルダム覇道

続いて、終節の合戦に向けてバルダム覇道に挑戦します。

なんだか遊園地みたいなところだったね

namingway
namingway

終節の合戦を制し、アジムステップで遊牧民の協力を得られることになって、いよいよドマ奪還へ。

ゴウセツ

哀愁漂うドマの侍大将。

norirow
norirow

ゴウセツの話を聞いてるとなんだかすごく泣けてきちゃったよね……

ヨツユ

ドマの代理総督ヨツユ。妖艶の美女です。

ヨツユの着物と首飾り可愛いよね

namingway
namingway

解放決戦 ドマ城

そしていよいよドマ城を奪還します。

グリーンワートってなんだか好きにはなれなかったけど、哀しい終わり方だったね……

namingway
namingway

ドマ奪還に成功したノリロゥ・ノートさん一行は、次にアラミゴの奪還へ向かいます。

コンラッド隊長

アラミゴ解放軍を率いてくれたコンラッド・ケンプ隊長。なんと70歳のおじいちゃんでした。

norirow
norirow

うぅ……

エオルゼア軍事同盟

ラウバーンをはじめとしたエオルゼア軍事同盟の主要メンバー。彼らこそ真の英雄だと思います。

エオルゼア各国の猛者たちが集まっていてカッコいいんだよね

namingway
namingway

ラクシュミ討滅戦

そして、アナンタ族の悲しいストーリーでラクシュミと戦うことになります。

norirow
norirow

ラクシュミは一人で倒せたよ!

巨砲要塞 カストルム・アバニア

アラミゴ王宮を目指して、ギラバニア湖畔地帯に抜けるため、カストルム・アバニアを攻略します。

ダンジョンの雰囲気とは違って、可愛い装備がたくさんあるところだね

namingway
namingway

ギラバニア湖畔地帯

塩の湖がある全体的に白い土地。

そしていよいよアラミゴ王宮の奪還へ。

ヒエン

いざアラミゴ王宮に突撃しようとしたその時、東方からヒエンたちが駆けつけてくれました。

norirow
norirow

もうさ、ここで号泣しちゃってさ……これまで縁を繋いできた仲間が、はるか遠くから駆けつけてくれてさ……なんだか嬉しくってさ ( ノД`)・・・

紅蓮決戦 アラミゴ

パッチ4.0の最後のダンジョンとなるアラミゴ王宮に挑む新米冒険者のノリロゥ・ノートさん。

神龍討滅戦

そして、ゼノスが甦らせた神龍と対決します。

norirow
norirow

頑張ったら神龍も一人で倒せたよ!

新生編のガイウスや蒼天編のトールダン7世と違って、ゼノスはとても分かりやすい「悪役」だったように思います。

ガイウスもトールダン7世も、もし自分が打倒さなければ平穏な世界を創れていたかもしれない……今でもそう思い返すことが多いけれど、ゼノスの場合は単に趣味で「戦」をしていたように思うから、迷いなく戦うことができた……そんな気がします。

もちろんゼノスの真意はわかりませんが……

そして、ここで一旦エンディングを迎えます。

ミュージカル?

namingway
namingway
norirow
norirow

もう何回も見てるはずなのに、エンディングまでくると今までの思い出が蘇って号泣しちゃうんだよね💦

一旦ここで終わりますが、紅蓮のリベレーターはもうちょっと続きます。

次元の狭間オメガ

次元の狭間オメガは、蒼天編の最後のオメガの話を完結させるストーリー。物語がとっても面白いのに加えて、過去FFのボスキャラがたくさん出てきて嬉しくなるストーリーでもありました。

アルファが可愛いよね

namingway
namingway

そして、ネロさんが久しぶりに魔導スーツを着てくれて。

norirow
norirow

このハンマー「ミョルニル」っていう名前なんだねぇ

「ミョルニル」って、北欧神話に登場するトール神が持ってた槌だよね

namingway
namingway

ケフカ

まさかのFF6からケフカが登場してビックリ。

ノリロゥさん、何回も落ちてて面白かった (笑)

namingway
namingway
norirow
norirow

うっ💦

カオス

そして、アルファ編の1層は、FF1からカオス。

norirow
norirow

アルファ編って、僕が最初で最後に挑戦した高難易度コンテンツなんだ。もうBGM聞いただけで震えちゃうよね……💦

ミドガルズオルム

アルファ編の2層のミドガルズオルムさん。

norirow
norirow

ここもね、毎日通ってたのに全然クリアできなくて、1か月くらいずっと籠ってた思い出が……💦

オメガ

アルファ編3層のオメガ。

norirow
norirow

オメガのマウントはとってもお気に入り♪

最後に、零式4層のみに登場するオメガの変形体。

norirow
norirow

アルファ編はホントとっても思い出深い場所だったなぁ💦

お話もとっても面白かったしね

namingway
namingway

そして、再びメインストーリーに戻ります。

水没遺構 スカラ

アラミゴの隠されたお宝を探しにスカラに来ました。

テオドリックの髪型なんだかすごいね

namingway
namingway

ナナモ様

ここで、ラウバーンがアラミゴに帰還するお話がありました。

norirow
norirow

ほんともう、ここでも号泣したよね……

とか言いながらナナモ様とちゃっかり写真を撮ってるノリロゥさん

namingway
namingway
norirow
norirow

えへへ

そして、ゴウセツとツユのストーリーを経て、いよいよツクヨミと対決することになります。

ツクヨミ討滅戦

とても綺麗なツクヨミさん。

norirow
norirow

ツユ……( ノД`)・・・

流れでアルフィノがガレマール帝国に旅立っていってしまい、その後、ザ・バーンで彼の足取りを追います。

永久焦土 ザ・バーン

エーテルが枯渇し何もなくなってしまった土地「ザ・バーン」

norirow
norirow

でも、すごい綺麗なところなんだよね

ある意味浄化された土地なのかもしれないね

namingway
namingway

やはり、「人」が存在しないほうが世界は綺麗でいられるのかもしれません……

ヴァリス・ゾス・ガルヴァス

その後、ガレマール皇帝「ヴァリス・ゾス・ガルヴァス」と会談することになります。

ヴァリスの理想……世界が統一されたほうが平和にできる……確かに僕もそう思うのです。だけど、これまでの人類の有史上、世界が統一されたことなんて一度もなく、結局混沌はなくならないままです。

そもそも統一を目指すこと自体が間違っているのでしょうか……

真の平和……とても難しい問題です。

ソル・ゾス・ガルヴァス

いわゆる、エメトセルク。ここでようやく登場です。

他のガレマール幹部と違って洋服がまとも

namingway
namingway
norirow
norirow

えっ、そこ!?💦

そして、最後のダンジョンとなるギムリトダークへ。

境界戦線 ギムリトダーク

いかにも戦場な雰囲気で、一人で戦うには最後のボスはなかなか強かった……(一度全滅した)

この間、次々と倒れていく暁メンバー。

そして謎の声に呼ばれ、タタルさんの祈りと共に、クリスタルタワーを目指す新米冒険者のノリロゥ・ノートさん。

norirow
norirow

泣いてるタタルさん見ると、こっちまで涙が溢れてくるんだよ……( ノД`)・・・

こうして、紅蓮編は終わり、漆黒編へ続いていくのでした。

つづく。

最後に

紅蓮のリベレーターも、とても素敵なお話で、終始、泣きっぱなしだったように思います。

あまりに泣きすぎると、次の日まで目の周りが腫れて大変💦

こんな素敵なストーリを作ってくださった開発陣のみなさま、本当にありがとうございました。

こうしてまた冒険ができて幸せです。

どうかこの素敵な世界がこれからもずっと続いていきますように。

そして、もっともっと多くの人にとって、「もう一つの世界」がここで生まれて、一人でも多くの人の人生がもっともっと幸せなものになりますように。

それでは、また。

関連した記録

Thank you for reading. See you !

タイトルとURLをコピーしました