~ May your Eorzean days be filled with happiness ! ~

【冒険の紀行録】SS扉絵で振り返る “つよくてニューゲーム” の思い出「蒼天のイシュガルド」編

I found a wonderful treasure today.
今日はこんな素敵な宝物を見つけたよ!

これは、つよくてニューゲームで「蒼天のイシュガルド」編を旅した記録を “SS扉絵” で振り返るものです。

※ 注意

ストーリーを振り返るのでネタバレ要素があります。「蒼天のイシュガルド」編をクリアしてない人は見ないほうがいいかもしれません!

Norirow Note の冒険録より
norirow
norirow

いやー、蒼天のイシュガルドも色んなことがあって、ものすごい長旅だったよね

ノリロゥさんじっくり旅しすぎて、つよくてニューゲームでもちょうど1か月くらいかかってる

namingway
namingway

改めて旅をすると、当時は気づかなかったことなどがたくさんあって、ついついじっくりと見て回るので長旅になってしまいます。

▼ 前回の「新生エオルゼア」編はこちら

それでは早速、SS扉絵で振り返っていきましょう。

イシュガルドに到着

まずは追われるようにイシュガルドに入った新米冒険者のノリロゥ・ノートさん一行。

でも、あまりの壮大な街並みに、自分の置かれた状況も忘れ、思わずはしゃぐノリロゥ・ノートさん。(笑)

norirow
norirow

まぁ、イシュガルドってホント綺麗な街並みだから仕方ないよね💦

霧のイシュガルドもとっても綺麗です。

アバラシア雲海

そしてストーリー上、次に訪れたのはアバラシア雲海なのですが……

ノリロゥさん、イシュガルドは雪国だからって張り切って厚手のコート着てきたのに、ぜんぜん雪なんてなくて暑そうだったよね (笑)

namingway
namingway
norirow
norirow

そうそう💦 でもこの青空と爽やかな景色には感動したよねぇ

高地ドラヴァニア

次に訪れたのは高地ドラヴァニア。大自然の中に遺跡があるとても素敵な場所。

まだコート着てる……

namingway
namingway
norirow
norirow

まぁ、高地だから結構涼しいんだよ💦

真ラーヴァナ討滅戦

そして、いよいよコートを脱いで蛮神戦に挑む、新米冒険者のノリロゥ・ノートさん。

霊峰踏破 ソーム・アル

次に訪れるダンジョンは「霊峰踏破 ソーム・アル」。天界を目指します。

norirow
norirow

ここはとっても思い出深い場所だから、嬉しい気持ちになったよね

ドラヴァニア雲海

天界にたどりついたノリロゥ・ノートさん。

norirow
norirow

ここに来るとなんだか甘酸っぱくて切ない気持ちになるんだ

それから、エスティニアン、イゼル、アルフィノとの4人旅をしました。

イゼルさんは最初すごく怖い顔だったのに、だんだん優しい顔なっていったのが嬉しかったな

namingway
namingway
norirow
norirow

そうそう、モーグリ可愛いとか言ってたり、乙女な一面がすごく可愛らしかったよね

忘れられない思い出になったみんなでの焚火。このまま時間が止まってしまえばいいのにと何度思ったことか……

その後、フレースヴェルグとの邂逅を果たすも、そう全てが上手くいくわけではありません。

マナカッターを手に入れて、ニーズヘッグの住まう竜の巣へ向かいます。

邪竜血戦 ドラゴンズエアリー

なんとかニーズヘッグを退けるノリロゥ・ノートとエスティニアン。

フォルタン家

norirow
norirow

フォルタン家での団らんの時間が好きだったんだ、この暖かい家族団らんの時間がずっと続けばいいのにと思ってた……

強硬突入 イシュガルド教皇庁

そして、イシュガルド教皇庁に突入する新米冒険者のノリロゥ・ノートさん……

norirow
norirow

ここには来たくなかったんだ……つよくてニューゲームで「タイムリープ」して来たんだから、なんとか未来を変えられないかなと思ってたんだけどね……

やっぱり未来は変えられなかったよね……

namingway
namingway
norirow
norirow

くっ……

真ビスマルク討滅戦

その後、ビスマルク討滅戦に臨みます。

この鯨さん、こんな大きな羽をもってたなんて知らなかった

namingway
namingway

イディルシャイア

マトーヤを訪ねる途中にイディルシャイアに寄りました。石碑に書かれているのは「知識は人を求めず」

禁書回収 グブラ幻想図書館

禁書を探しにグブラ幻想図書館へ。ここで入手できる装備は可愛らしい物ばかりで嬉しいダンジョンです。

本棚が天井まであってものすごい圧倒されるよね

namingway
namingway

魔大陸へ

そして、魔大陸に向かう準備を始めるノリロゥ・ノートさん一行。

norirow
norirow

エンタープライズ・エクセルシオの噴射口のところがカッコ良くて好き!

いよいよ魔大陸に乗り込みますが……

norirow
norirow

あぁ……ここにも訪れたくなかったんだ……この未来も変えたかった……

蒼天のイシュガルドで一番泣いたシーンかもしれません……

アジス・ラー

巨大戦艦のような、魔大陸アジス・ラー。

ここで、漆黒につながるティアマットさんとも出会いました。

蒼天聖戦 魔科学研究所

そして、一旦、最後のダンジョンとなる魔科学研究所へ。

ナイツ・オブ・ラウンド討滅戦

ここで、ナイツ・オブ・ラウンドと戦うことになるのですが……ガイウス戦に続き、またもや悩んで足が止まるノリロゥ・ノートさん。

norirow
norirow

やっぱりさ、トールダン7世がやろうとしたことって、正しかったんじゃないかなって今でも思うんだ……

蛮神やアシエンをも制圧できる圧倒的な「力」を手に入れて、世界を平和に導く……。「力」をふるう者の資質が問われることにはなりますが、恐らく教皇トールダン7世であれば、正しくその「力」を使えるのではないか……

そう悩みつつも、流れには逆らえず、ナイツ・オブ・ラウンドを打ち倒してしまいます。

norirow
norirow

この時、真の悪者は自分なんじゃないかと思ったよね……世界を混沌に戻し続ける悪役……

まぁ「正しさ」なんて正解はないから難しい問題だよね

namingway
namingway

真の平和とはどんな形なのでしょう。とても難しい問題です。

そして、ここで一旦エンディングを迎えますが、蒼天のイシュガルドはもう少し続きます。

機工城アレキサンダー

スチームパンクの世界がとてもカッコいい「機工城アレキサンダー」に乗り込む新米冒険者のノリロゥ・ノートさん。

norirow
norirow

次はこれらのマウントが欲しいのだけれど……

このお話って量子力学がテーマだったのかな

namingway
namingway

可愛い「シュレディンガーの猫」も登場します。

星海観測 逆さの塔

星の声と向き合うために逆さの塔へ。

norirow
norirow

写真ひっくり返すとちゃんとした建物になってるのがすごいよね

天竜宮殿 ソール・カイ

フレースヴェルグの協力を得るために天空の宮殿に向かいます。

ここ、こんなに綺麗だったんだね

namingway
namingway

竜詩戦争終結へ

そしていよいよ最終決戦に臨みます。フレースヴェルグとニーズヘッグの対決。天候が変わっちゃうくらいすごい戦いでした。

ニーズヘッグ征竜戦

norirow
norirow

誰もが争わなくていい世界ってどうやったらできるんだろうね……

蒼天のイシュガルドもクライマックスへ。

峻厳渓谷 ゼルファトル

各地で闇の戦士たちが蛮神をマッチポンプしていると聞きつけ、ガールーダ召還を止めにやってきた新米冒険者のノリロゥ・ノートさん。

このうちわちょっと欲しいよね

namingway
namingway

再度の真タイタン討滅戦

続いて、タイタン召還を止めに行くのですが、ここでアリゼーとのエピソードが入ります。

norirow
norirow

アリゼーってすごく可愛い女の子なんだ……って思ったよね

巨大防壁 バエサルの長城

そして、いよいよ最終ダンジョンとなるバエサルの長城へ。

norirow
norirow

うぅ……

パパリモさん……

namingway
namingway

この旅は、あまりにも失うものが多すぎたようにも思います……

その後、神龍を止めるため、オメガ起動を試みます。

最後は「オメガvs神龍」のバトルをもって、蒼天のイシュガルドは幕を閉じます。

norirow
norirow

なんだろう……失うものが多かったうえに、自分の行動が本当に正しいのか迷いが生まれてるから、この先ちゃんと冒険できるか不安になってきたよ……

大丈夫大丈夫、この先のストーリー全部知ってるから

namingway
namingway
norirow
norirow

えっ💦

漆黒のヴィランズを終えてから蒼天のイシュガルドに戻ってくると、闇の戦士たちへの思い入れがより深くなるのも「つよくてニューゲーム」の醍醐味。

こうして、新米冒険者のノリロゥ・ノートさんの「蒼天のイシュガルド」の冒険は完結となり、「紅蓮のリベレーター」へと向かうのでした。

つづく……

最後に

改めて蒼天のイシュガルドを振り返ることができました。

考えさせられることが多く、そして何度号泣したかもわかりません。

こんな素敵な舞台を作ってくれて本当にありがとうございました。

これから、FF14の世界が永遠に続いていってくれることを切に願っています。

そして、どうかここがより多くの人たちの「もう一つの居場所」になってくれますように。

それではまた。

関連した記録

Thank you for reading. See you !